交通事故治療
について

交通事故治療

当院では、交通事故に遭われた方の治療も行っています。このような場合も当然、速やかな治療が必要です。具体的には、事故が原因による様々な外傷や痛み、体の不調などの検査・治療などです。

よく見られる傾向としては、事故直後は気が張っていることもあり、これといった症状もないからと一切処置を行わずに数日間を過ごし、その後ケガが発覚するパターンです。後から気づくということは、すでに何らかの損傷を受けている証左でもあります。そのため、自覚症状がなかったとしても必ず医療機関で一度診察を受けるようにしてください。

また、交通事故でよく起きるとされる、むち打ち症(頸椎捻挫)などは症状が慢性化することもあるので、長引かさないためにもしっかり治療を受けるようにしてください。

交通事故でのケガ以外の注意事故

交通事故を起こした場合、警察に連絡をして事故証明書等を出してもらいますが、ケガをした、あるいはさせてしまった場合は、人身事故として届けてください。なぜなら損害保険会社から賠償を受ける際に人身事故の証明が必要になるからです。

また交通事故によるケガについても保険証による治療は行えますが、その際は患者様が加入されている公的医療保険制度(国民健康保険、協会けんぽ、組合健保、共済組合 など)に「第三者行為の届け出」が必要になります。そのため事故の相手の情報を把握しておくことも大切です。